映画『スタートアップ・ガールズ』

INTRODUCTION

W主演の上白石萌音×山崎紘菜、今作にて初共演。
大学生にしてIT×医療で起業を目指す閃きの自由人・小松光役には、大ヒットした長編アニメーション映画『君の名は。』で話題となり、映画・ドラマ・舞台への出演にとどまることなく、歌手としても幅広く活動する上白石萌音。一方、大企業に勤め起業家への投資をする安定志向のOL・南堀希役を演じるのは、ハリウッド進出やラグビーワールドカップ2019開催都市特別サポーター(東京)就任、雑誌のモデルとしても活躍して多岐にわたり活動をしている山崎紘菜。正反対の2人がぶつかり合いながら、ビジネスパートナーとして進化していく姿が描かれております。
邦画の最前線で活躍している山本耕史、神保悟志、宮川一朗太、渡辺真起子など実力派俳優が脇を固めます。

メガホンをとるのは、映画『東南角部屋二階の女』にて監督デビューを果たした池田千尋。脚本は、映画『ソラニン』、『凶悪』などの作品で脚本を担当している髙橋泉。
主題歌は、世界的な英ロックバンド“FEEDER”のグラント・ニコラスと後藤正文との共作であるASIAN KUNG-FU GENERATION「スリープ」。印象的な歌詞 “新時代の胎動”が、“スタートアップ”の世界観と見事に共鳴しております。挿入歌はXAIが歌う「スリープ(Covered by XAI)」。劇中音楽は、MAYDENFIELDと井上陽介が担当。
この秋、きっとアナタも足踏みしていた“夢”をスタートさせたくなる!

STORY

無理だと思った瞬間、人はその思考に負ける!

自由奔放で天才的な大学生起業家・光(上白石萌音)と“無難 is BEST”な安定志向をもつ大企業OL・希(山崎紘菜)。
正反対の2人は、光の事業をサポートしている水木(山本耕史)の計らいで、小児医療遠隔操作で診察をする新プロジェクトのビジネスパートナーになってしまう。身勝手な光の言動に振り回される希は、光を信じることができず、仕事にも行き詰まる。
非常識女vs 手堅い女。人生最悪の出会いは、史上最強の新時代を創り出すことができるのか?