【原神攻略】七七の評価とおすすめ聖遺物・武器

スマホゲームアプリ『原神』の攻略記事になります。本記事では、【七七】について詳しくご紹介しています!

 

七七は使えるキャラクターなの?評価とおすすめ武器などをご紹介!

 

斑鳩
では、紹介していきます♪

『七七』の概要

名前 七七
CV 田村ゆかり
神の目
誕生日 3月3日
所属 不卜盧
武器種 片手剣
命の星座 法鈴座
オリジナル料理 アシタナシ
(お食べくだ菜)
ひとこと紹介 薬舗「不卜盧」の薬採り兼弟子、紙のように白い顔色で不死身。口数が少なく、あまり表情がない。
キョンシーなのだから、表情が固いことも許されるだろう。
キョンシーではあるが、七七はきちんと体を鍛えている。
記憶力が極めて悪い。それは、七七が人に対して冷たい理由の1つだった。
七七の外見は、ずっと亡くなった時のままであるため、実年齢は推測不可能である。
キョンシーを動かすには、勅令が必要だ。しかし、ある原因で七七は自分で自分に勅令を下しているのだ。

ステータス詳細

レベル90の時のステータスをご紹介します。

基礎HP 12,368
基礎攻撃力 287
基礎防御力 922
与える治療効果 22.2%

天賦解説

通常攻撃/雲来古剣法 通常攻撃
剣による最大5段の連続攻撃を行う。

重撃
一定のスタミナを消費し、前方に斬撃を2回放つ。

落下攻撃
空中から落下し地面に衝撃を与える。経路上の敵を攻撃し、落下時に範囲ダメージを与える。
元素スキル/仙法・寒病鬼差 氷血がお札となり、寒病鬼差を召喚し、周囲の敵に氷元素ダメージを与える。

寒病鬼差
・七七の通常攻撃と重撃が命中した時、チーム内の自身のキャラクター全員または付近の味方のHPを回復する。回復量は七七の攻撃力によって決まる。
・一定時間の間隔で、出場している自身のキャラクターのHPを回復する。
・キャラクターと共に行動し、経路上の敵に氷元素ダメージを与える。
元素爆発/仙法・救苦度厄 体内に封印された仙力を解放し、度厄のお札で付近の敵にマークをつけ、氷元素ダメージを与える。

度厄のお札
・度厄のお札に影響された敵にダメージを与えた時*1、そのキャラクター自身のHPを回復する。
固有天賦 1.延命妙法

仙法・寒病鬼差状態時のキャラクターが元素反応を起こした時、受ける治療効果+20%、継続時間8秒。
突破段階「1」で解放

2.玉籤偶開

七七の通常攻撃と重撃が敵に命中した時、50%の確率で敵に度厄のお札を1枚付与する、継続時間6秒、30秒毎に1回のみ発動可能。
突破段階「4」で解放

3.往事記憶

ミニマップで周囲の璃月地域の特産の位置を表示する。

 

元素スキル、元素爆発に加えて限界突破で解放される固有天賦もすべて回復能力に関わるものであり、パーティを堅実に支える優秀なヒーラーである。
高い基礎攻撃力と手数の多さを生かして物理アタッカー、氷元素付着の役割も一定水準でこなすことが出来る。聖遺物「海染硨磲」によるサブアタッカー適正もある。

凸効果

1凸 寒苦回向

寒病鬼差が度厄のお札マークのついた敵に命中した時、七七の元素エネルギーを2回復する。

2凸 氷寒蝕骨

氷元素の影響を受けた敵に、七七の通常攻撃と重撃の与えるダメージ+15%。

3凸 昇天宝誥

仙法・救苦度厄のスキルLv.+3。最大Lv.15まで。

4凸 天威圧衆

度厄のお札マークのついた敵の攻撃力-20%。

5凸 紅蓮開花

仙法・寒病鬼差のスキルLv.+3。最大Lv.15まで。

6凸 起死回骸

仙法・救苦度厄を発動する時、近くにいる全ての戦闘不能状態のキャラクターを復活させ、HPの50%を回復する。この効果は15分毎に1回のみ発動可能。

七七は、貴重な蘇生性能も持つ6凸効果が強力です。ただし現状狙って凸(命ノ星座)を進めるのが難しい+無凸でも完成されたキャラなので、基本的には無凸でOKです。

おすすめ武器の解説

ここでは七七に装備させるべきおおすすめの武器について解説します。

1.祭礼の剣 【元素チャージ効率】+61.3%(Lv.90)
・元素スキルが敵にダメージを与えた時、
40%の確率で該当スキルのクールタイムを
リセットする。30秒ごとに1回のみ発動する。(初期)
2.風鷹剣 【物理ダメージ】+41.3%(Lv.90)
・攻撃力+20%、ダメージを受けると発動:抗争の
旗を高く掲げる西風の鷹の魂が蘇り、
攻撃力の100%分のHPを回復し、周りの敵に攻撃力の
200%のダメージを与える。15秒ごとに1回発動可能。(初期)
3.旧貴族長剣 【攻撃力】+41.3%(Lv.90)
・攻撃が敵にダメージを与えた時、
会心率+8%、最大5重まで。攻撃会心発生時、
効果をクリアにする。(初期)

祭礼の剣が最適

七七はスキルのクールタイムが30秒と長い。精錬回数にもよるが、祭礼の剣の持つクールタイムリセット効果によって絶え間なく元素スキルを維持することが可能です。「千岩牢固」4セットとの相性も◎。

おすすめ聖遺物

ここでは七七に装備させるべきおおすすめの聖遺物セットについて解説します。

海染硨磲 2セット:与える治療効果+15%
4セット:この聖遺物セットを装備した
キャラクターがチーム内のキャラクターに
治療を行うと、治療によるHP回復量
(HP上限を超えた回復量も含む)を記録する
海染の泡を生成する。海染の泡は3秒継続する。
継続時間終了時、海染の泡は破裂し、
周囲の敵に記録した回復量の90%分のダメージを
与える(このダメージは感電や超電導などの
元素反応と同じように計算されるが、元素熟知、
キャラクターLv、または元素反応の
ダメージアップ効果の影響を受けない)。
海染の泡は3.5秒毎に1回のみ生成可能。
海染の泡が記録できる回復量は最大30000までとなり、
HP上限超過分の回復量を含む。チーム内で、海染の泡は
同時に最大1つまで存在できる。この聖遺物セットを
装備したキャラクターは待機中でも、この効果を発動できる。
千岩牢固 2セット:HP+20%
4セット:元素スキルが敵に命中すると、
周囲のチーム全員の攻撃力+20%。
シールド強化+30%、持続時間3秒。
この効果は0.5秒毎に1回のみ発動可能。
この聖遺物セットを装備したキャラクターが
待機している場合にも効果を発動できる。

火力役を兼ねる海染硨磲がおすすめ

回復量が過剰になることもある七七だが、「海染硨磲」4セット運用なら回復量を火力に変換でき、サブ火力役も兼ねられるようになるためおすすめです。3.5秒ごとに安定したダメージを与えられるため、その恩恵は大きい。

千岩牢固4セットがベスト

元素スキルが持続型なので、4セット効果を発動/維持できるのが強い。特に「祭礼の剣」と合わせて使うとバッファーとしても安定したサポートが可能になるため、非常におすすめです。

パーティ編成

回復特化の凍結パーティ

戦闘直後、七七の元素スキルを発動し敵に氷元素を付着させよう。次に、タルタリヤの攻撃を当て敵を凍結させた後に香菱で溶解しダメージを出す。

ベネットを持っていない場合は、スクロースを編成するのがおすすめです。七七の回復力は下がってしまうが、スクロースのバフでパーティ全体の火力アップが可能です。

通常攻撃特化パーティ

宵宮の通常攻撃をメインに立ち回り、宵宮のクールタイムを待つ間に七七の通常攻撃でダメージを出そう。雷電将軍と七七で超伝導を起こすと敵の物理耐性が下がり、七七の通常攻撃ダメージがアップします。

雷電将軍を持っていない場合は、フィッシュルを編成するのがおすすめです。フィッシュルはオズで常に雷元素を敵に付着させるため、元素反応を起こしやすいです。

まとめ

七七の魅力をわかってもらえたでしょうか?

七七はスキル使用/通常攻撃を当てることで、パーティのHPを回復できる優秀なヒーラーです。特にスキルによる回復力が高く、七七のスキルが効いている間であればまるでゾンビのように戦い続けることも可能なレベル、まさに回復の鬼です!